2011年3月23日水曜日

3/21(月)第1次支援チームレポート(海辺の町へ)ケイシさんより

次に仙台東部有料道路を越えて海岸方面へ向かう。この高速を越えると海まではまだ何キロもあるというのに、町の様子は一変する。
田んぼには倒れた木々や、材木、まだ引いていない海水の池、やがて車や標識、屋根や家財道具、はては家までが無残な形となり、いや、形を失い流れついていた。津波の威力というのはここまで凄まじいものなのかと改めて思う。
ふと見ると、一家団欒の時に座ったであろう座布団や、子供部屋の勉強机に置いてあったであろう宿題らしきもの、漫画本などが本来あるはずもない場所に、主を失って申し訳なさそうに転がっている。これら一つ一つの物を使っていた人のことを思うと心が締め付けられる。
その後ナビをしてくださったヨシダ先生を送り、ベースキャンプへと戻る。今日はこれで終わりという事で、みんなで夕食を食べる。
するとセイケさんからお呼びがかかり、燃料を至急、必要としている人がいるとの事で、まずは燃料を調達しに倉庫へと移動。その倉庫には500坪ほどの建物に海外から届いた支援物資が山と積まれていた。聞くところによると、アメリカのクリスチャン団体から土曜日に100㌧もの支援物資が届いたとのこと。
また私たちが着いた時、ちょうど豊田市のブラジル人から物資が届いたようで、荷下ろしを手伝う。大型トラック一杯に積まれた食料、衣類、赤ちゃん用品、水などに国を越えた支援の輪の拡がりを感じる。
その後、仙台教会と仙台聖書バプテスト教会に燃料と食料を届ける。帰ってきたのは22:30を回っていたが、充実感がある。かなり狭い道路や陥没している道なども通り緊張していたが、運転も守られて感謝。多くの人に支えられている事を覚えて眠りにつく。

0 件のコメント:

コメントを投稿