2011年3月28日月曜日

3/25(金) を振り返って1 第1次支援チーム(宮古市)ケイシさんより

5日目は一番ハードな日となった。朝6時に出発して、まずは倉庫で積み込み作業。必要と思われる物資を積み込み、岩手県宮古市に向けて出発。前日にセイケさんから宮古市と釜石市の被害状況と必要な支援を調査してきて欲しいとの依頼を受けた。
快く依頼を受けてから宮古市がどこにあるかを知る。かなりの距離があり、午後からは岩手県に雪の予報。一瞬怯むが、一度引き受けた事なので、しっかりと調査してこよう。

まずは東北自動車道で花巻ICまで上り一般道で宮古市に抜ける。途中まだ雪が残っている山を登っていく。しかし、車道には雪が残ってはなく天候も晴れているので感謝。これが一日もってくれればと願う。一般道はさすがに時間がかかる。

予定時刻を大幅に遅れて宮古市に到着。宮古コミュニティーチャーチに寄って岩塚先生から状況を伺う。先生自身も地震後から避難所をまわり、被災者のお話を聞く活動を続けておられ、殆ど寝れていないとのこと。教会自体も被災者のためにオープンにしていてフル回転している状態だった。被災地の牧師先生たちのために祈らされる。

先生に伺った話。
あるお店を営んでいた被災者の方が、気力をなくし、避難所に身を寄せていたところ、地元のサッカーチームの選手たちがきて、店の掃除をしてくれたところ、その日からやる気を取り戻すことができたとのこと。自分に与えられている何かを他人のために使うとき、その人の生きる力となり得ることを思う。大切なのは、いつ、誰に使うかだ。相手の必要としている時に、自分を犠牲にして仕えることができるようになりたい。改めてその様に思わされた。

その後、宮古山口病院を訪問し、婦長さんに物資をお届けする。この時点で予定を2時間もオーバー。しかし岩塚先生から宮古市の南北の町々には、まだ物資が足りていないところがあるとのことで、南の山田町に向かう。




0 件のコメント:

コメントを投稿