2011年4月5日火曜日

4/2(土)第2次支援チームレポート (大槌町)アキラさんより

アキラ(食事係)より本日のレポートです。

午前:教会にて奉仕をしました。以下に役割を分担して作業しました。

・近くの美容室の業務用エアコンの取り外し
・看板の塗りなおし
・物資の仕分けと礼拝堂掃除
・蒔き割り


(看板の塗りなおし)











午後:名古屋の教会からきた4tの物資を、その教会の方々とともに大槌町の「おさなご幼稚園」に届けました。


幼稚園は、1Fのガラスが割れているところもあり、掃除の真っ最中でした。園長先生とも協力しながら物資を園内に運び込み、取り出しやすく整理しました。
遊具の運搬などもお手伝いできました。
(写真:遊具を運ぶ)




大槌町は、町の大半が津波で瓦礫になっていましたが、残った家の方々は自宅に居られる方が多く、避難所に届く物資を手に入れることが難しい様子でした。

幼稚園を通して町内の方々にも物資を配れる体制がとれそうです。食品、生活用品のほかにも、ランドセルやポータブルトイレ、一輪車が特に喜ばれていました。
家や車の流された幼稚園の先生がおられ、園児が1人亡くなったそうです。
しかし、先生方は大変な中でも明るく振舞っておられました。


(おさなご幼稚園)











その後、釜石市内に戻りボランティアのメンバーを銭湯に連れて行きました。
車で1時間ほどかかる遠野市に行く予定でしたが、途中に昔ながらの銭湯が営業していてボランティアも入れるということだったのでありがたく入らせていただきました。
休業していたお店を今回臨時営業しているとのことで、入湯料は無料で地元の方々で込み合っていました。
1週間ぶりのお風呂は至福のときでした。

夜は、翌日の出発に備えて荷物のパッキングを済ませ、早めに就寝しました。

本日の献立!
朝:餅入りみそ汁、りんご
昼:イラン人の方々による炊き出し(ピタパン、羊と鶏の煮込み)、ゆで卵
夜:教会にてカップめん、魚肉ソーセージ

夜は雪がちらつきました。

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿