2011年5月30日月曜日

5/29(日) 第6次支援チーム

第6次被災地支援チームが、宮城県登米市を拠点として、3日間支援活動を行うことになりました。

5/29(日)の夜に横浜を出発し、5/30(月)未明、現地に到着、6/1(水)まで活動します。
台風の影響が懸念されますが、メンバーの皆が台風に負けないほどの強く熱い気持ちを持って、現地へと向かいました。

今回は総勢18人です。














早速、広報担当のミノリさんから、報告が届きましたので、掲載します。

…………………

29日(日)の21時に車で横浜を出発し、30日(月)4時に登米に無事に到着しました。

今回のメンバーには、はるばるシンガポールから5名の方々が加わってくださったのをはじめとし、
ドイツ人の夫婦、普段はアメリカで暮らしている日本人学生や日系2世、「奥様はフランス人」…等々、
チーム内の公用語は英語の方がスムーズかも?という国際色豊かなチームです。

今回のチームの目的のひとつには、中長期的な支援を行ってゆくための第一歩として、拠点を探すための視察があります。

ということで、家屋清掃の作業にあたるグループと、視察や訪問にあたるグループにわかれて行動します。

着いてさっそくの活動は、
【作業チーム】
今までの活動で知り合った方の関係の石巻の浸水してしまった避難所になっているお寺の清掃にゆきます。
【視察チーム】
石巻のお寺に寄った後、仙台の亘理町で現地の復興支援のお手伝いと、現地で活動されている方々とコンタクトを取りに出かけます。

それでは、行ってきます!

0 件のコメント:

コメントを投稿