2011年6月29日水曜日

6/28(火)第8次支援チーム コンラッドさん、タベアさん、エディスさん

コンラッドさん:

今日、私は少人数のチームで再び薬局で作業をしました。1階の壁を壊して剥がし取りました。壁は海水が染み込んでいるため、取り替えられなければならなかったのです。
天気は良い天気だったので、他のメンバーが昼食のピーナッツバター&ジャムサンドを食べにやってくる前に、すべての部屋をほとんどきれいにしました。昼食を食べているときに、たぬきが瓦礫の中を歩いていくのを見かけました。とてもやせ細っていて、おそらく十分な食べ物を見つけられなかったのでしょう。
その後、薬局に戻ったのですが、A家の庭での作業を早く終えた他のグループが、私たちのところに加わってくれました。そのようなわけで、人数は10人になり、驚くほどのスピードで作業をしたので、すべての壁を撤去し、ついには他のものすべてをさえきれいにするができたのでした!
私たちは待ち合わせ場所に行き、用具をきれいにして、宿泊先に戻るバスの座席に座りました。そのころ、雨が降り出しました。



タベアさん:

私の今日のレポートはとても短いです。というのは、今日の作業はいままでとほとんど同じだったからです。M家の庭で泥を掘る一日でした。でも、1日の終わりには、みちがえるほどになったのです!みんな、素晴らしい仕事をし、シャベルを使う作業にたくさんのエネルギーを使いました!帰りのバスはとても静かだったのですが、それが理由の一つです。

近所で作業していた数人の人がやってきて、私たちに少し話しかけました。一人の婦人が飲料水とコーラをくださり、「ありがとう」と言ってくれました。
 
エディスさん:

月曜日に私たちのうち4人がS家に行ったとき、Sさんは日課である健康チェックのために出かけようとしているところでした。彼は私たちを呼び入れ、家の中で何をきれいにしらよいか教え、雨の日でしたが、でかけていきました。彼が帰ってくる前に、私たちは昼食のために他のチームのメンバーと待ち合わせをしなくてはいけなかったため、マミコさんが、私たちは火曜日の10amに戻ってくると、メモを残しました。
火曜日、Sさんは血圧のチェックを早く済ませ(彼は86歳です)、私たちが訪ねる10時前には家に戻っていました。私たちは初めていろいろ話しをする機会を持ちました。メンバーのうちの21歳の女性が、私の通訳を通して、自分ことを話しました。
そのあと、私たちは家の掃除を続け、その間、彼は私たちのためにジャガイモをゆでてくれました。1時間一生懸命働き、そしてSさんが座っているところで、みんなでジャガイモを楽しみました。
Bさんはウクレレを持っていたので「虹の彼方へ」を演奏し、Sさんはそれに合わせてダンスをしてくれました。
彼は、これを先週リクエストしていたのでした。

Conrad:

Today I worked with a small team at the farmacy again. We destroyed the walls of first floor and tore them out; they had been soaked in seawater and therefore have to be replaced. The weather was fine, and we almost cleared all rooms before meeting up with the rest of the crew for another peanut-butter-jelly lunch. While eating we spotted a tanuki (racoon dog) walking through the garbage, it was really skinny, probably it didnt find much food...

Afterwards we returned to the pharmacy and soon were joined by another team wich had been working on Mr. A.`s garden and had finished early. So with now 10 people the work continued with an amazing speed, we managed to get all the walls out and even clean up everything afterwards! We   went to the meeting point, cleaned our equipment and sat into the bus that took us back to the church, while on the outside rain had started falling.

Tabea:

My report is pretty short today because our work throw out the day was pretty the same: digging out mud at Family 'M's' Garden But you know what? - It looked way better at the end of the day! The team did a great job and put a lot of their energy into shoveling!
This for sure was one reason why our way home in the bus was pretty quiet...

Some people working at the neighborhood came by and talked a bit to us and one lady brought us few bottles of water and coke to say "thank you"!

Edith:

On  Monday, when the 4 of us came to Mr. S 's house, he was about to leave for his daily health check. He let us in, showed us what to clean in his house (rainy day) and left. We had to meet the other teams for lunch before he came back. Mamiko had written a message, telling him we'll be back on Tuesday at 10:00 a.m.
On Tuesday he had gone to his blood pressure check  (he is 86 years'old) early and was ready for our visit before 10:00.
We first had a time of fellowship. One 21 year 'old told him her story through my interpretation.
Then we continued cleaning his house while he was boiling potatoes for us ! We worked hard for one hour and came to his sitting corner to enjoy the potatoes.
B. had her yukelena, she played "Somewhere over the rainbow" and S. accepted the challenge to dance with him. He had requested this the previous week.

2011年6月28日火曜日

6/27(月)第8次支援チーム タベアさん、コンラッドさん

日本は今、梅雨の時期。今日の天気はそれがどんなものか私たちに分からせてくれました。一日中、雨が降るのです!

石巻に到着して、私たちは再び3つのグループに分かれました。

私のいるグループは、その日一日、再びM家の手伝いに行きました。雨のために、屋外の庭で作業できず、倉庫の掃除をしました。

写真:雨のための準備は万全。
it rained the whole day... but we were good prepaired


写真:掃除をしてゴミ箱に物を運んでいるところ
cleaning and carrying things to the garbage



写真:掃除中..  cleaning..

今までの毎日と同じように、私は今日も同じ感覚を覚えました。作業を始めたとたん、時間はあっという間に過ぎ去り、そこを去らなければいけない時間になるのですが、まだやらなくてはいけないことが膨大にあるのです。

私が作業をしている人や隣人に話しかけたところ、彼らは、この支援活動のために日本に来てくれた若者たちの団体を、本当に誉めていました。皆とても感謝していました。

彼らが口にしたもう一つのことに、私は考えさせられました。神様は、日本に怒りを覚え、地震と津波で打ちのめしたのではないか、ということでした。私は、神様は決して怒ってはいないし、日本と日本人を愛しているのです!と話しました。私やこのアメリカの若者たちも、日本を愛しているから、だからここにいるのです!と言いました。

登米に戻ってきたとき、宿泊先の大原先生は、私たちのために、すばらしい日本のご馳走を用意してくださいました。それはそれはおいしかったです!!

写真:今日の夕食。それはすごーくおいしかったです!
our dinner today - it was soooooooooooooo good!!!


写真:このテーブルが一番楽しんでました
this table enjoyed it most :-)








コンラッドのチームは、薬局で再び作業しました。

以下はコンラッドのレポートです。

「タベアが既に書いていたように、今日は一日中雨でした。朝、レインコートとポンチョに身を包み、バスに乗り込もうとして待っている私たちは、さながら幽霊のようでした。私たちはバスの座席に座り、今日一日の作業に向かって出発しました!
私は、いつものメンバーと薬局で作業しました。雨にもかかわらず、皆張り切って、すばらしく仕事をやり遂げました。私たちは、後には寝室となる部屋の泥を取り除き、ガラクタを外に出しました。
いつものピーナツバター&ジャムサンドランチを、M家で食べた後、私たちは作業に戻りました。

部屋の左側から泥を取り去り、右側の床板を剥ぎ取ったところの下に、その泥を入れました。この部分を担当したもう一つのチームは、この片側をきれいにするのに半日かけ、すばらしいくやりぬきました。もちろん、外を掃除したチームや前の部屋を担当したチームも、言うまでもなく、良い仕事をしました。



写真:建物の基礎と床板の間に、泥を入れているところ。
digging mud out between the fundamental and the floor


午後、私たちは皆汚れきって、ずぶぬれになって宿泊先に戻りました。でも、そこには最高の夕食が私たちを待っていたのです!」

It is rainy season in Japan and the weather today showed us what that means. It rained the whole day!

After arriving in Ishinomaki, we were split into three groups again.
The group I was in, went back to Family 'M' for the whole day. Because of the rain, we couldn't work in the garden outside, so we helped to clean up their storehouse.

Like everyday until today, I had the same feeling again, as soon as we started to work, time starts to fly and we have to leave again but still there is a lot of work remaining.


I talked to one of their workers and their neighbors. They really admire that a group of young people came to Japan to help with the relief work. They are all really thankful.

Another thing they said made me think. In our conversation we talked about whether God is angry at Japan and if the earthquake and the tsunami hit Japan because of his anger.. I told them that God is not angry and that he loves Japan and the Japanese people! So do I and all of the young Americans ? that is why we are here!

When we came back to Tome, Ms. Ohara had prepared a delicious, fantastic Japanese dinner for us - like you can see on the picture. It was sooooooooooooo good!!!

Edith and her team went to Mr. 'S's house again and continued with the cleaning there.

Conrad and his team worked again in the pharmacy.

Here you can read his report:
As Tabea already wrote, it was raining all day, which caused the volunteers waiting to get into the bus in the morning to look like ghosts in all their rain coats and ponchos. We sat into the bus and headed out for another day of work!

 I worked with the usual crew at the pharmacy, everybody was motivated and did a great job in spite of the weather. We cleaned the future sleeping room of mud and the outside of garbage. After having the usual peanut-butter-jelly lunch at the place of family M. We headed back.

The left side of the room was cleared of mud, and so we ripped out the right side of floor panels to get to the mud under it. The sub-team that worked on that part did a great job clearing this side also in just half a day! Of course, the other sub-teams for cleaning the outside and the front room have to be mentioned to for their great work.

In the afternoon we returned to the church, all dirty and wet to the skin. An awesome dinner was waiting there  for us!

2011年6月27日月曜日

6/25, 26 第8次支援チーム タベアさんより

昨日(6/25)は宿泊先の教会周辺のことを手伝いました。 何人かは、教会の木や茂みを刈り込み、花を植えるなどの庭作業をしました。何人かは、近所のどぶ掃除の手伝いをし、またある何人かはコインランドリーに行き、私たちの汚れた作業着などを洗濯しました。

午後遅く、チームリーダーは、「スカベンジャーハント」という、借り物競争のようなゲームを用意してくれて、それはとても楽しかったです。


昼食会 Lunch
今朝(6/26)は、私たちは礼拝に出席し、教会員の方とアメリカ流の軽い昼食をともにしました。この時間は本当に良い交流の時間で、言葉の壁は問題にならず、楽しい会話が弾みました。

昼食の後、3つのグループに分かれて近隣に散らばり、人々に話しかけて、読む物を渡しました。関係作りの時期から、深い絆を築く時期となっています。

私たちのグループは本当に良い雰囲気で、一緒にいることを互いにとても楽しんでいます。



夕食を手伝おうとしている少年。
Boys are ready to help preparing dinner.
















Yesterday we helped around the church we are staying at. Some of us worked in the garden - cutting trees and bushes, planting flowers - some helped in the neighborhood cleaning ditches, some cleaned the church, some went to the laundry to wash our dirty working clothes and so on.
Later on in the afternoon, the teamleaders prepared a scavenger hunt which was a lot of fun.


This morning, we joined the service and afterwards, had an American lunch together with the church members. This was really nice and not even the language barrier kept us from having good conversations with each other.


After lunch, 3 groups went to 3 different areas in the neighborhood, talked to the people and gave them something to read.
We just finished a season about relationships and how to build a good marriage.

The group remains in a good mood and we are having a lot of fun together.




2011年6月24日金曜日

6/24(金)第8次支援チーム(作業3日目)タベアさん、ゲンキさん、エディスさん

「朝、目が覚めて鳥のさえずりが聞こえると、とても心地よく穏やかな気分になります。今日はとても湿気がありましたが、働きに支障はありませんでした。

私たちのグループは、水曜日に作業させていただいたお宅のお庭へ再び行き、掃除をしました。

泥の山から灌木を取り除き、大量の泥をシャベルで除去する作業でした。いったいどれほどの貨車と土嚢袋を使ったかわからない程、たくさんの泥でした。雨に降られたのは、庭の隣にある倉庫で昼食をとっている間だったので、本当に感謝でした。









私が今日とても感動したことは、泥に埋もれた灌木を見ると、それはもう命のないようでしたが、写真にあるように、わずかにツツジが咲いていました。

荒廃した中に、新しい命がある―それは希望のしるしのようでした。
ここには希望があります!新しいいのちが萌え出ています!」
タベア

Waking up hearing the neighborhood rooster feels so good and peaceful. It was really humid today but this didn't stop us from working happily. My group went back to the garden we started two days ago. We went on with the cleaning up got rid of a big mud hill, had to dig out bushes and then shoveled a lot of mud. I have no idea how many wheelbarrows and mudbags we filled....
We were really thankful that it only rained while we ate our lunch inside the hall right next to the garden.

What really touched my heart today was seeing a bush half full of mud and it looked dead but there were some pink blossoms blooming  like you can see on the picture. New life in all the destruction which is a sign of hope for me. There is hope! New life is coming up!
Tabea

まだ庭の小道が見えない状態 
here you cannot see the gardenpath yet..


今日の作業が終わった後。小道が見えました。
...after finishing work today you can see it

 












 

この瓦礫のほとんどが庭にあったものです。
most of this stuff was in the garden before..




















「今朝、朝食の後、チームの皆はその日の作業のために必要なものをまとめました。各自、新しい軍手とタオル、飲料水、マスクなど、必要な品々をとっていました。

石巻の違う地域で作業するために、バスの中でリーダーは私たちを3つのグループに分けました。私のグループは、清掃が必要な水路に行くことになりました。

水路の水の状態がひどいので、長靴が必要でした。水は津波によってやってきた油と汚れで真っ黒で、水に浮かんだ油膜は虹色に光っていました。
私たちは、その汚れを掘り、取り除き、水が透けて見えるまでにしました。

この作業のあと昼食をとり、次の場所に移動しました。昨日作業した薬局に戻り、薬局の薬品類の臭いの中で、さらに掃除をしました。薬局の前の歩道は、薬局から集められたゴミと泥と灌木でいっぱいになりました。仕事をたくさんしたと思ったのですが、依然としてやるべきことは山のようにあります。」
ゲンキ・ヒラノ

This morning after breakfast the team gathered their things to prepare for the day. They grabbed their work gloves,towels, water, masks and anything they needed for the day. On the bus the group leaders organized three groups to work in different areas in Ishinomaki. I had the group that went to a ditch that needed cleaning. We needed rain boots because of the water in the ditch. The water was black for all the oil and grime from the tsunami, with streaks of rainbow from the oil. We dug it up until it was clear to see through. After this we had lunch and my group went to a new spot. We went back to a pharmacy we were working on yesterday. We did more cleaning there which had the smell of medicine from the pharmacy. The sidewalk in the front was filled with the garbage,mud and wood collected around the pharmacy. It felt good to do work but there is still much to do.
Genki Hirano

「グループのうち5人は、稲井小学校の避難所に救援物資を届けに行きました。届けた物資は、先週ファンケルのボランティアさんと一緒に稲井小学校を訪ねたときに要望のあったもので、スポーツドリンクや蚊を寄せ付けない薬剤や洗剤などでした。

私たちは、避難所になっている体育館をこっそりとのぞいて、避難している34人の方々がどのようにして、80cmの高さの段ボールで生活スペースを確保しているのか見ました。
自分のスペースで座っていた一人の紳士が頭を上げ、私たちに笑顔で挨拶してくれました。私たちも笑顔を返しました。

3月11日直後は体育館に300人の人が避難していましたが、今は34人になっています。」
エディス

Five of us went to bring relief goods to refugees in Inai Elementary School. Things they had asked us to bring when we visited last week with FANKL team (sports drinks, mosquito repellant and soap for washing clothes etc,...)

We just peeped into the gymnasium and saw how 34 people had made their own living space with carton box walls 80 cm high. A gentleman, sitting in his appartment box, had his head up and greeted us with a smile... we smiled back.

Soon after the 11th of March they had 300 people living in that gymnasium, down to 34.
Edith.





6/23(木)第8次支援チーム(作業2日目)タベアさんより

「支援活動2日目。今日はグループのうち9人だけが石巻市に行きました。毎日たくさんの変更がありますが、それによって柔軟であり続けることができていて、私たちのグループの士気が落ちることはありません。

現場に到着してから、私たちは元薬局だった店舗を掃除し始めました。そこは、被害を受けた地域の中心にあるのですが、オアシスはその店舗を拠点として、今後活動をしていくそうです。

掃除は、台所から始めました。まずすべての食器棚を空にしなくてはいけませんでした。食器棚の扉の仕掛けのおかげで、地震と水と泥に見舞われたにもかかわらず、中の食器はすべて無事でした。でも、そこだけではなく、水と泥とは、1階のどんな隅でも入り込んでいました。途方もなくたくさんの作業がありましたが、私たちは頑張って取り組んだと思います。私たちが各階から取り除いた泥は、家の前にうず高い山となりました。

次に私たちは、乾いたブラシですべての壁を掃除し始め、家の中からたくさんのゴミを家の前に運び出しました。想像できるかと思いますが、2階もあるので、するべき作業がさらにたくさん出てきました。

一方、グループの中の残りの半分は、登米市にとどまりました。彼らはクリーニング屋さんに行ったりして、宿泊先の教会の手伝いをしました。教会を掃除したり、屋外のベンチ3台にペンキを塗りなおしたりしました。」

Second day of work. We left a bit later today and not all  just 9 of us went to Ishinomaki. There are always a lot of changes every day but this keeps us flexible and you know what  - this doesn't effect the good spirits of the group at all.

After we arrived, we started cleaning up the former Pharmacy which Oasis is going to use as a base in the middle of the devastated area. We started with cleaning up the kitchen. First we had to empty all the cupboards. Thanks to the devices on the cupboard doors, everything inside was kept secure during the earthquake plus water and mud. But not only there - the water and mud came to every little corner in the first floor. It was a lot of work but I think we did really well. :-) There was a huge amount of mud we got rid of on all floors and in front of the house. We started cleaning all the walls with dry brushes, carried a lot of garbage from inside to the front of the house, and as you may imagine,  there is still a lot more to do not only because there is a second floor...

The other half of the group stayed in Tome. They went to the laundry and helped out at the church where we are staying. They cleaned the house and painted three benches outside the sanctuary.
Written by Tabea

掃除前の台所
kitchen before 












掃除後
and after









掃除前の風呂場
The bathroom before

掃除後
after we started cleaning
家の中のゴミ
garbage in the house


道に出されたゴミ
here on the street

2011年6月23日木曜日

6/22(水) 第8次支援チーム (民家の清掃)タベアさん、ディベアさんより

タベアさんより:
「陽光が溢れ、空は青く、気温は温かく、風がそよ吹いている。。このようにして、私たちの一日が始まりました。
石巻に到着した後、リーダーのトシヤさんとともに、この地での関係者と、どのような作業をすべきか確認しました。私たちはいくつかのグループに分かれ、それぞれ違う場所で作業をすることになりました。
私のグループは、庭の清掃作業を必要としている民家に行きました。そこは、津波に襲われる前は、実に素敵な日本庭園だったであろうことが察せられる庭でした。


その庭は、泥も含めてたくさんのもので溢れていました。私たちは、瓦礫や木片を片付け始め、新聞や皿、洋服などの小さなものを見つけることができるまで続けました。私たちは、その家の人の持ち物であるゲーム機を見つけたのですが、彼女は大変喜び、その様子に私たちもとても嬉しくなりました!この日は暑い一日となりましたが、だれも不満を漏らさず、チームとしてともに良い働きをすることができました。私たちは午後もそこにとどまりました。明日もおそらくその作業を続けることになるでしょう。」

Sunny, blue sky, warm and a little bit of wind ? this is how our day started. After we arrived in Ishinomaki, Abesan ? our leader ? checked out together with the contacts we have here, what we need to do. We split off in different groups to work at different places.

The group I was in went to a house to help clean up the garden. It looked like it was a really really nice Japanese garden before the Tsunami hit. Now, there was a load of things in the garden, including a lot of mud. We started getting rid of the brick, the wood and went on with all the other small stuff we found like newspapers, dishes, clothes..... and so on.

We found a game which belongs to the owner. This seemed to make her happy, which on the other hand, made us happy, too! Even if it was hot, nobody complained and as a team we worked well together. We also stayed there in the afternoon and probably will go there back tomorrow. 
Written by Tabea

ディベアさんより:
「今日、私たちは災害を生き抜いた方の家の清掃をしました。津波によって庭に黒い汚物がなだれ込み、家全体を取り囲んでいました。私たちは汚物を掘り起こし、雑草を取り除き、花を元通りの場所に植えていきました。家の前方の作業が終われば、裏手にまわって作業を続けました。30センチほど掘り起こし、海からの黒い汚物を除去しました。重労働でしたが、皆で一つとなって作業し、互いに助け合いました。
全部をし終えることはできませんでしたが、作業のほとんどをして、たくさんのゴミと汚物がその日撤去されました。」

Today we helped clean the house of a person who lived through the disaster. There was a garden and the tsunami filled it with black dirt and surrounded the whole house. We dug it all up and cut out all the weeds. We planted flowers in the right places. Once the front was done, we moved around to the back. We dug about a foot or maybe a little more to remove the black dirt from the sea.  It was hard work but everybody worked together as a team and helped each other out. We weren't able to get it all done but most of it, and a lot of trash and dirt was taken out that day.
Written by Devair Ribeiro


ただいま準備中
(Before cleaning)


 清掃作業後
(After cleaning!)

ひと休み
(Taking a break!)

2011年6月22日水曜日

6/21(火)第8次支援チーム(石巻・女川・復興支援ライブ)タベアさん

今日は被災地で終日を過ごす初めての日でした。

朝10時ごろに宿泊所を出発し、石巻と女川に向かいました。その地域を少し見て回り、津波がどんなにひどかったのかを、“感じる”ためでした。なぜならば、津波が襲った直後、どれほど悲惨な状況だったか、私たちには想像さえもできなかったからです。

破壊された家や道路、車。当時は雪も降っていました。家族や友人、すべてを失った被災者の方々が負われた心の傷はどれほどに深いことでしょうか。

石巻や女川をドライブしたとき、バスの中は静まり返っていました。ボランティアメンバーのすすり泣きがあちらこちらから聞こえてきました。被災地への訪問が3度目の私でさえ、再び目に涙が浮かびました。

午後には、仙台へ向かいました。3つのNPO団体(オアシス、ラブネイバーズ、イーストウィンドミニストリーズ)が被災地の方々のために、コンサートを開催していたからです。

 さまざまなアーティストが、その与えられた才能を披露して、来場者を励まそうとしていました。私たちは特に韓国のヒップホップグループ“メンター”の踊りを楽しみました。それは本当にすばらしかったです。

写真:メンターのダンス

そして、被災された福島バプテスト教会の佐藤牧師のメッセージはとても心に響きました。彼らは福島原発のために避難を余儀なくされ、今は東京奥多摩福音の家に滞在していますが、その先の状況がまったく見えない中にいるのです。

写真:佐藤牧師





写真:ゴスペルシンガー 大和田広美さん










写真:会場の様子








Today was our first full day up in Tohoku. At around 10 o'clock in the morning we left our place and headed to Ishinomaki and Onagawa.. Today we went there just to look a bit around and get a kind of impression how hard the Tsunami hit this area. I write "impression" cause you really can't imagine how bad it was soon after the tsunami came to this area. If you see all the damaged houses, streets, cars, thinking about the snow ....how deep must be the wounding in the hearts of the people who lost their family members, their friends and everything they have.
When we drove through Ishinomaki and Onagwa it became really quiet in the bus. You just heard here and there people crying. Even if it was my third time seeing this, again tears came to my eyes.
In the afternoon we went to Sendai. 3 NPO organizations - Oasis, Love Neighbors and East Wind Ministries had organized a concert for the people in the hit area.
Different artists showed their talents to the people who came.
I think what all of us enjoyed most was the Korean Hip Hop Crew called "Mentor." It was incredible!
To hear the story about Pastor Sato and the Fukushima Baptist Church was really heart touching again. They were evacuated because of the atomic plant in Fukushima and they are staying now in Tokio Okutama Fukuin No Ie. Until when? Nobody knows....
I am writing this on our way home in the bus...

2011年6月21日火曜日

8/21(火) 復興支援ライブ

NPO法人ラブネイバーズ、NPO法人イーストウィンドミニストリーズとの合同主催で、本日、8/21(火)18:30~仙台国際センターで、復興支援ライブを行います。

昨日、ケイシさんとツヨシさんが、そのために現地に向かいました。

第5次支援チームのときに、避難所で歌を通して皆を励ましたゴスペルシンガー、大和田広美さんも、ライブに出演します。

私たちの絆を確かめ会う、すばらしいライブとなりますように。

6/20(月) 第8次支援チーム

アメリカから約40人のボランティアが来日し、6/20(月)から6/30(木)にかけて、被災地の支援活動にあたることになりました。彼らは被災者の立場に立った行動を心がけていて、各自お箸を持参し、洗って繰り返し使っています。ナイフやフォークを用意することも洗うことももったいないと言っているそうです。彼らを通して、被災地の皆さんに励ましが届けられますように。。

また、もう一台の車で、現地への救援物資を運びます。ドライバーは、トシヤさんです。










タベアさん(広報担当)から:

「今朝(6/20)、16人のアメリカ人、3人の日系アメリカ人、中国系アメリカ人1人、カナダ人1人、メキシコ系アメリカ人1人、2人のアフリカ系アメリカ人、ブラジル系アメリカ人1人、フランス人1人、ドイツ人2人というメンバーが、一団となって東北へと出発しました。実に国際色豊かなグループだと思いませんか?


私たちは、東北に10日間滞在し、壊滅的打撃を受けた地域の支援活動を行います。
移動のバスはギュウギュウ詰めでしたが、楽しい道のりでした。
これから、登米市に宿泊し、石巻市で支援活動を行うことになります。」

This morning, 16 Americans, 3 Japanese-Americans, 1 Chinese-American, 1 Canadian, 1 Mexican-American, 2 African-Americans, 1 Brazilian-American, 1 Frenchman and 2 Germans left together in unity for Tohoku. A really international group, isn't it? 
We will be there for 10 days to help in the devestated area. Even though the bus was really packed we had a good ride.
We will stay at Tome and go to Ishinomaki to help out there.

2011年6月14日火曜日

6/13(月)第7次支援チーム (作業班の様子)トシヤさんより

夜通し車で移動して、6/13(月)朝7時頃に石巻に到着しました。

石巻市八幡町は、前回訪問した二週間前より更に瓦礫も片付けられ、道もきれいになっていました。それでも、今回初めて参加したボランティアメンバーは、町の惨状を見てショックを受けているようでした。




朝8時、私たち作業班8名はさらに2グループに分かれ、

それぞれ違う家の清掃作業に入りました。私たちが作業させていただいたお宅では、家の周りを覆っているヘドロの除去を中心に、庭の清掃をしました。

震災により変わってしまった町の景色に囲まれ、生活しておられる人達にとって、自宅の庭がきれいであれば、いくらかでも心の慰めになるのではないだろうか。そんなことを考えながら、午前中の4時間、車内泊からの労働でみんなとても大変そうでしたが、休憩を取りながらできる限りで作業させていただきました。

野外作業をするには最適な曇り空の下で、しかし、家の周りの4分の1ほどの範囲しか清掃することしかできませんでした。学生を含めた私たちボランティアのいたらぬ清掃作業でしたが、笑顔を見せてくださった家主さんに感謝です。ぜひ、次の機会にこの続きをやらせていただけたらと思います。

また、清掃作業で出た不要な木材を、午後に訪問する避難所で必要とされる薪としていただくことが出来ました。まだガスが通っていないこの避難所では、薪を焚いてお風呂に入っている状況なので喜ばれると思います。感謝です。

町では風向きによって異臭が漂ってきました。暑い季節となり、これからハエなど害虫発生に対策する必要がもっと出てきそうです。



2011年6月13日月曜日

6/12(日)~13(月)第7次支援チーム

12日夜、第7次支援チームが宮城県へと出発しました。

今回は、現地で2つのチームに分かれて活動します。

1つのチームは、ファンケル社さんと協力して、3箇所の避難所をまわり、ハンドマッサージ、顔のお手入れ、化粧を施し、楽しい時間を提供します。
ファンケル社さんからは、6名のボランティアの方が参加されます。また、宮城県栄養士会から2人の栄養士さんが避難所にきてくださり、栄養指導も行います。

もう1チームは、清掃活動を行います。

ファンケル社さんも含めると、総勢19人が今回の活動に参加します。
活動は13日の1日間ですが、充実した活動となりますように。。

今回の参加メンバーです。(ファンケル社さんは後で合流するので写っていません)










カメラマンのツヨシさんより
「いよいよ出発の日、少しでも被災者のための助けになろうとみんな張切っています。今回はファンケル社の方達と一緒に活動する予定です。私達は予定通り、夜9時にたくさんの人たちに見送られ出発、10時に横浜駅でファンケル社の方達をピックアップ。どんな働きが出来るか楽しみです。

私達は翌朝3時頃、菅生サービスエリアに到着、約2時間の休憩です。若い人ユウキくんはラーメンを食べてエネルギー充填??
サービスエリアのフードコートで「アタック」という救済ボランティア団体に出会いました。彼らと少し楽しい会話。彼らは歯ブラシやマスクなどの物資を石巻へ持って行き、さらに被災者たちを松島の温泉へ連れて行く活動をするそうです。お互いがんばりましょう!」

2011年6月3日金曜日

6/2(木)第6次支援チーム(最終日)ミカさんレポート


6/2の最終日、シンガポールと熊本からの新たな視察チーム3名が合流し、女川、牡鹿半島に行きました。

女川も被災の後が生々しく残り、胸がしめつけられました。

地震当日、丘の上に逃げた人々はその後海に囲まれ、丘の上から下りる事が出来ず、雪が降る中自分の着ていた服を脱ぎ、それを燃やしながら一晩過ごしたそうです。
でも、極限のショック状態で全く寒さを感じなかったそうです。

女川の後、牡鹿半島の野々浜の避難所を訪れました。

ここは熊本のボランティアチームが今までも訪れていた場所で、これから私達のチームもこちらに訪問させて頂くことになりました。

被災されているのに、あたたかい笑顔と明るい人柄で最高のおもてなしをして下さった野々浜のみなさん・・・。またすぐに再会することを約束してお別れしました。

その後、今まで第3次、第5次チームで何度も訪れた蛤浜のかわいい子どもたちとママにも会いました。訪問した時、外出中で避難所にいなかったのですぐに連絡を取り、石巻の駅で待ち合わせして再会しました。

いつもと違う場所での再会、沢山の知らない人、しかも外国人いっぱい!子ども達2人は完全に固まってしまいました!

それでも、みんなで仲良く記念撮影をし、前回もらった手紙の返事を渡して帰って来ました。

このご家族はもうすぐ避難所を出て、新しく借りた家に引っ越すそうです。

もう今までの場所で会えないのは寂しい気持もしましたが、皆さんの生活が少しずつ前に進んでいることが何よりも嬉しかったです。

そして、夕食をしながら最後の時間を過ごし、夜中12:30に横浜に戻って来ました。

「また近いうちに必ず来るよ!シンガポールでは日本についてネガティブな報道だけがされているけれど、それ以上に日本は希望に満ちあふれていることを、帰ったら報告します」と心強い言葉を残し、シンガポールチームも帰って行きました。

ひどいニュースが流れているのに、それでも犠牲を払って来てくれたシンガポールチーム。彼らの愛に本当に心が震えました。日本は世界中から愛されています!

6/1(水)第6次支援チーム(3日目午後―帰着)ミノリさんレポート

おじいさんのお宅の清掃の後、作業チームと視察チームは仙台で合流し、きょう横浜に戻るメンバーと東北に残るメンバーに分かれました。

一緒に働いたのは3日間で、はじめて顔を合わせたメンバーたちでしたが、国籍をかるがる飛び越えて、和気あいあいとしていて、自然とお互いや周りの必要のために、さっと動けるあたたかいチームでした。

別れを惜しんだのも一瞬に、横浜に戻るメンバーたちは、帰る前に、津波の被害の大きかった他の地域も訪れる機会を頂きました。

宮城の南で、福島にほど近い、亘理町、山元町のあたりです。

この地域は、津波で何もかも流されてしまった地域で、家の土台がちらほら見えることで、ここに家があったのだということがわかる場所です。

JR常磐線の坂元駅のあったところに降り立ちましたが、ただただ茫漠と地が続いているところに、ぽつんと、駅舎からホームにわたってゆく階段が曲がって立っており、ホームだった部分が、少しその形を残しながら、小高い場所になっていました。

下り方面のレールはまったくなくなっており、その部分に立つと、青森方面へまっすぐ伸びる地が続いているように見えました。

少し車を進めると、少しずつ、家屋のかたちがある地帯が見えてきます。
しかし、ここも、1階部分は全壊だったり、家のかたちがそのままひっくり返っていたりしていました。

この地域に残っている家屋には、旗が立てられていました。
赤い旗は、「この家ごと全部撤去してください」
黄色い旗は、「家の周りのがれきは片づけてください、でも家には手をつけないでください」
というしるしだそうです。

茫漠とした地の中にぽつりぽつりと残るいくつかの家には、黄色い旗がはためいていました。


運転手のお二人が小雨の中がんばってくれて、15時ごろ山元町を出て、21時少し前に横浜に無事に到着しました。



残るチームは明日戻る予定です。

6/1(水)第6次支援チーム(3日目午前)ミカさんレポート

今日の午前中は、昨日のお寺の近くの、第3次、第5次で出会ったおじいさんの家の清掃に行きました。

津波が来た時、2階に逃げる暇もなかったおじいさんは、柱にしがみついて助かったそうです。

床は全て剥がれ、ヘドロでいっぱいの床下を、全部自分で掃除していたおじいさん。
血圧が200を超えてしまう様になり、近所の人の説得でようやくボランティアを受け入れてくれる様になったそうです。

私達は第3次、第5次のチームで八幡町に物資配布と炊き出しに行った時にそのおじいさんと出会い、親しくなりました。

それで今回私達のチームがお手伝いを申し出た時、少し遠慮しつつも「じゃぁ、お願いしようかなぁ」と受け入れて下さいました。午前中いっぱいかけて泥だらけになった全てを掃除しました。

大きな家に1人で暮らしているおじいさん、私達の訪問をいつも心待ちにしていて下さいます。作業の合間に、楽しい会話もありました。

津波から守られた思い出の写真も見せて下さいました。津波が来た時、2階に逃げる暇もなく家の柱に必死にしがみついて助かったおじいさん。生きていてくれたのでこうして出会い、お話しができ、お手伝いが出来ることがとても尊いことだと思いました。

作業を終えて帰る時、配給でもらったジュースや缶詰をたくさん下さいました。
何かをしてもらうだけでは申し訳ないというおじいさんからのプレゼントを感謝して頂き、またそう遠くないうちに会いに来る事を約束して帰って来ました。

2011年6月1日水曜日

6/1(水)第6次支援チーム(3日目)ミノリさんレポート

きょうも東北は曇り空です。

作業チームのメンバーは今日の夜、横浜に戻り、シンガポールから来てくれた5人は視察チームと一緒にもう1日東北に残ります。

夕べは、チーム全員で過ごす最後の夜ということで、滞在先の先生がつくってくださったおいしい夕食を囲みました。

そして、昼間力仕事で活躍した頼れる男性陣が洗い物をしてくれました!
(女性陣はその間に、今日のお弁当をつめました。)

今日は、きのうまで作業をしていたお寺のそばにお住まいのおじいさんのお宅の清掃に出かけます。


このおじいさんは、第5次支援チームが出会った方で、「1ヶ月後にまた来ます」と約束をしていました。

また、今日は視察チームは仙台へ他の団体とコンタクトをとるために出かけて行く予定があるので、いつもより朝早めの出発です。

行ってきます!