2011年6月14日火曜日

6/13(月)第7次支援チーム (作業班の様子)トシヤさんより

夜通し車で移動して、6/13(月)朝7時頃に石巻に到着しました。

石巻市八幡町は、前回訪問した二週間前より更に瓦礫も片付けられ、道もきれいになっていました。それでも、今回初めて参加したボランティアメンバーは、町の惨状を見てショックを受けているようでした。




朝8時、私たち作業班8名はさらに2グループに分かれ、

それぞれ違う家の清掃作業に入りました。私たちが作業させていただいたお宅では、家の周りを覆っているヘドロの除去を中心に、庭の清掃をしました。

震災により変わってしまった町の景色に囲まれ、生活しておられる人達にとって、自宅の庭がきれいであれば、いくらかでも心の慰めになるのではないだろうか。そんなことを考えながら、午前中の4時間、車内泊からの労働でみんなとても大変そうでしたが、休憩を取りながらできる限りで作業させていただきました。

野外作業をするには最適な曇り空の下で、しかし、家の周りの4分の1ほどの範囲しか清掃することしかできませんでした。学生を含めた私たちボランティアのいたらぬ清掃作業でしたが、笑顔を見せてくださった家主さんに感謝です。ぜひ、次の機会にこの続きをやらせていただけたらと思います。

また、清掃作業で出た不要な木材を、午後に訪問する避難所で必要とされる薪としていただくことが出来ました。まだガスが通っていないこの避難所では、薪を焚いてお風呂に入っている状況なので喜ばれると思います。感謝です。

町では風向きによって異臭が漂ってきました。暑い季節となり、これからハエなど害虫発生に対策する必要がもっと出てきそうです。



0 件のコメント:

コメントを投稿