2011年6月24日金曜日

6/24(金)第8次支援チーム(作業3日目)タベアさん、ゲンキさん、エディスさん

「朝、目が覚めて鳥のさえずりが聞こえると、とても心地よく穏やかな気分になります。今日はとても湿気がありましたが、働きに支障はありませんでした。

私たちのグループは、水曜日に作業させていただいたお宅のお庭へ再び行き、掃除をしました。

泥の山から灌木を取り除き、大量の泥をシャベルで除去する作業でした。いったいどれほどの貨車と土嚢袋を使ったかわからない程、たくさんの泥でした。雨に降られたのは、庭の隣にある倉庫で昼食をとっている間だったので、本当に感謝でした。









私が今日とても感動したことは、泥に埋もれた灌木を見ると、それはもう命のないようでしたが、写真にあるように、わずかにツツジが咲いていました。

荒廃した中に、新しい命がある―それは希望のしるしのようでした。
ここには希望があります!新しいいのちが萌え出ています!」
タベア

Waking up hearing the neighborhood rooster feels so good and peaceful. It was really humid today but this didn't stop us from working happily. My group went back to the garden we started two days ago. We went on with the cleaning up got rid of a big mud hill, had to dig out bushes and then shoveled a lot of mud. I have no idea how many wheelbarrows and mudbags we filled....
We were really thankful that it only rained while we ate our lunch inside the hall right next to the garden.

What really touched my heart today was seeing a bush half full of mud and it looked dead but there were some pink blossoms blooming  like you can see on the picture. New life in all the destruction which is a sign of hope for me. There is hope! New life is coming up!
Tabea

まだ庭の小道が見えない状態 
here you cannot see the gardenpath yet..


今日の作業が終わった後。小道が見えました。
...after finishing work today you can see it

 












 

この瓦礫のほとんどが庭にあったものです。
most of this stuff was in the garden before..




















「今朝、朝食の後、チームの皆はその日の作業のために必要なものをまとめました。各自、新しい軍手とタオル、飲料水、マスクなど、必要な品々をとっていました。

石巻の違う地域で作業するために、バスの中でリーダーは私たちを3つのグループに分けました。私のグループは、清掃が必要な水路に行くことになりました。

水路の水の状態がひどいので、長靴が必要でした。水は津波によってやってきた油と汚れで真っ黒で、水に浮かんだ油膜は虹色に光っていました。
私たちは、その汚れを掘り、取り除き、水が透けて見えるまでにしました。

この作業のあと昼食をとり、次の場所に移動しました。昨日作業した薬局に戻り、薬局の薬品類の臭いの中で、さらに掃除をしました。薬局の前の歩道は、薬局から集められたゴミと泥と灌木でいっぱいになりました。仕事をたくさんしたと思ったのですが、依然としてやるべきことは山のようにあります。」
ゲンキ・ヒラノ

This morning after breakfast the team gathered their things to prepare for the day. They grabbed their work gloves,towels, water, masks and anything they needed for the day. On the bus the group leaders organized three groups to work in different areas in Ishinomaki. I had the group that went to a ditch that needed cleaning. We needed rain boots because of the water in the ditch. The water was black for all the oil and grime from the tsunami, with streaks of rainbow from the oil. We dug it up until it was clear to see through. After this we had lunch and my group went to a new spot. We went back to a pharmacy we were working on yesterday. We did more cleaning there which had the smell of medicine from the pharmacy. The sidewalk in the front was filled with the garbage,mud and wood collected around the pharmacy. It felt good to do work but there is still much to do.
Genki Hirano

「グループのうち5人は、稲井小学校の避難所に救援物資を届けに行きました。届けた物資は、先週ファンケルのボランティアさんと一緒に稲井小学校を訪ねたときに要望のあったもので、スポーツドリンクや蚊を寄せ付けない薬剤や洗剤などでした。

私たちは、避難所になっている体育館をこっそりとのぞいて、避難している34人の方々がどのようにして、80cmの高さの段ボールで生活スペースを確保しているのか見ました。
自分のスペースで座っていた一人の紳士が頭を上げ、私たちに笑顔で挨拶してくれました。私たちも笑顔を返しました。

3月11日直後は体育館に300人の人が避難していましたが、今は34人になっています。」
エディス

Five of us went to bring relief goods to refugees in Inai Elementary School. Things they had asked us to bring when we visited last week with FANKL team (sports drinks, mosquito repellant and soap for washing clothes etc,...)

We just peeped into the gymnasium and saw how 34 people had made their own living space with carton box walls 80 cm high. A gentleman, sitting in his appartment box, had his head up and greeted us with a smile... we smiled back.

Soon after the 11th of March they had 300 people living in that gymnasium, down to 34.
Edith.





0 件のコメント:

コメントを投稿