2011年7月11日月曜日

7/9(土)第10次支援チーム(ヘドロ掻き)Y.Yさん

天候晴れ、朝9時、道路脇の温度計は28度。

今日は、おちゃっこハウスの二軒隣のお宅へヘドロ掻きにお伺いしました。

組になって、一人がヘドロを剥がし、もう一人が土のうに入れます。みんな本当によく働いて、3時くらいには、前庭と後庭の両方とも終わりました。


(写真:上の黒い層がヘドロ。砂を含んで、ぐじゃりとしています。)

お家の方が、「まあ、きれいになって!皆さんのおかげです。」と笑顔を覗かせてくださいました。

庭の中央には、葡萄が植わっていたそうです。ブラックベリーも取れたそうで、ジャムをいっぱい作って、ご近所にも差し上げてらしたそうです。美味しいホームメードジャムの味を思い出されていました。

(写真:ヘドロをすべて剥がし終わった状態。スコップが立っているところに葡萄が植わっていたそうです。)


「どぶがつまって水が流れないのよ。」と、こぼされたので、ソレっとばかり全員でどぶさらいをしました。ヘドロと瓦礫で埋まっていたどぶが1時間ですっかりきれいになりました。排水口がみえた時は、本当に嬉しかったです。
きっとまた美味しいジャムを作る日が来ることを信じて、お宅をあとにしました。Y.Y

0 件のコメント:

コメントを投稿