2011年8月14日日曜日

8/13(土)第14次支援チームレポート Yさん

8/12(金)に、メンバーのうち数人は横浜に帰り、入れ違いにメンバーが2人加わりました。
8/13(土)のレポートは、新たに加わった2人のうちの1人、Yさんからです。

「8/13の午前中は、お茶っこはうすのご近所にあるお家のお掃除を手伝わせていただきました。

そのお家は、以前に、他のボランティアの方たちによって清掃されていたところでした。でも、奥さんがきれい好きで、壁や天井をさらに水拭きして掃除したいとのご要望があったので、今回、私たちがもう一度お手伝いすることになりました。

奥さんは元気いっぱいで、私たちにさくさくと指示を出してくださり、みんなで楽しく作業をすることができました。

途中、「休憩、休憩っ。」と私たちを呼び集め、スイカをふるまってくれました。みずみずしくて、おいしいスイカでした。

スイカを食べ終わる頃には、今度はメロンが出てきて、さらには黒糖蒸しパンまで出てきました。帰り際には、「お昼ご飯に食べてね。」と、混ぜご飯で作ったおにぎりをお土産にくださいました。

ボランティアの私たちに対して、心から感謝し、おもてなしをしてくださる奥さんの心遣いが嬉しかったです。

作業中、津波で浸水した痕が柱などに残っていました。その痕を見ながら、「ここまで水が迫っていたのか...」と恐ろしくなりました。掃除をしながら、奥さんは震災の時に自分も津波に飲まれたことを話してくださり、その時に負った足の傷も見せてくださいました。心の傷が癒されるようにと祈らずにはいられませんでした。

午後は、お茶っこはうすに残るメンバーと、被災地を巡って視察するメンバーとに別れて行動しました。自分の目でしっかりと目の当たりにすることがどれほど大切なことなのか、このことを痛感した時間でした。やはり、実物を見るのと見ないのとでは大きな違いがあると思います。

お茶っこはうすには、午前から午後にかけて何人かの方たちが訪れてくださいました。一人ひとり、対応したのは違うメンバーでしたが、同じ思いと愛が流れていくことを心から願いました。」


8/11(木)第14次支援チーム LIGHT UP NIPPON

8/10(水)に第14次支援チームは横浜を出発し、お茶っこはうすオアシス入りしました。

今回のメンバーです。










翌日8/11(木)は、LIGHT UP NIPPONというイベントが陸前高田のお寺を借りて、開かれました。
 LIGHT UP NIPPONは、本来花火が持っていた、追悼と復興の意味を込めて、東北の太平洋沿岸の各地で花火大会を開催し、東北を明るく、元気にしていこうというものです。

わたしたちも、かき氷、飴のつかみ取り、紐のくじで賞品を引き当てるゲームと、楽しい出店で、この企画を応援しました。

イベント会場
  出店の様子


 夜に入り、ますます会場は賑わいました。







 

 会場を照らす花火。復興への力強い思いが込められていました。

2011年8月11日木曜日

8/7(日)募金活動 本郷台駅前にて

オアシスの被災地支援活動を支えるために、8/7(日)にJR本郷台駅前で、募金活動を行いました。


 笑顔を募金を呼びかけました。

被災地での活動写真を掲示。通りかかる人々が関心を持ってくださいました。

アメリカのダンスチーム、CMAが、募金活動の応援で、ダンスパフォーマンスを披露。


皆様の温かい心の表れで、27,553円の募金が集まりました。
本当に感謝します!

寄付された募金は、石巻の地域復興支援センターお茶っこはうすオアシスの運営に用いさせていただきます。

7/31(日)~8/4(木)第13次支援チーム(ユース)

7/31(日)から8/4(木)まで、約20名の若者のグループが支援活動に加わりました。


8/1のお茶っこはうすオアシスのオープンのためには、仕上げの清掃を担ってくださいました。





川開き祭りのイベントにも、チラシ配りや、出店など、貢献度 大 でした。

また、ボランティア期間の後半には、近隣の側溝の掃除や、近所の民家、お庭の掃除に出かけていきました。被災者を励ます野球のイベントもサポートしました。


時間の合間には、罹災した小学校を訪ねました。津波の爪痕に、若者たちの心の中に、何が去来したでしょうか。


2011年8月8日月曜日

8/1(月)石巻 川開き祭り

8月1日は、暑すぎず、寒くもなく、祭り日和の一日となりました。 石巻復興のスタートを期する川開き祭りは、予想を違わず、大勢の方々で賑わいました。

私たちのイベント会場は、石巻駅周辺のメイン会場から離れていたため、お客さまが来て下さるかどうか少し心配もありましたが、たくさんの方が来てくださいました!


イベント会場

たこ焼きは、さすがプロの味!
焼き鳥も、気前の良いサービスに皆大喜び!









焼きとうもろこしは素材の良さの美味しさ!

そしてやっぱり夏はかき氷ですね!









焼きそばは、関西風の味付けで。売り切れて追加で販売しました。






お好み焼きも大人気!







 日本国際飢餓対策機構は、救援物資を配布。

タイのタクシー、トゥクトゥク。 一度乗ってみたい!

バルーンでいろいろな動物を作ります。子供たちが楽しみました!
来場者全員に、がらがらポンであたった景品をプレゼント。













ファンケル社のハンドマッサージと化粧サービス。これを目当てに来られる方もおられました。

他にも体のマッサージやヘアカットサービスも大人気でした。

 ゴスペルシンガー大和田さんの歌声は会場に染み透っていきました。
ゴスペルフラ。清らかな空気が流れます。

被災者による被災体験談。この地を襲った災害の悲惨さが直に伝わってきました。
 会場全員で、「ふるさと」を合唱。ふるさと、石巻を思う気持ちが溢れました。
ひとりひとりが、思いをボードに書きつけました。









「負けない」と綴られた文字。
 最後は、平和への願いを込めて、皆で風船を飛ばしました。









 放たれた風船は、瓦礫の上を高く、高く、昇って行きました。