2012年10月2日火曜日

ファンケル社「もっと何かできるはず基金」

ファンケルさんは、社会貢献の意識が高く、被災地で社員の方々がボランティアでお化粧などのサービスを展開されています。お茶っこはうすオアシスでも、メイクやマッサージのサービスを実施してくださり、とてもお世話になっています。

そのファンケルさんには、社員運営による「もっと何かできるはず基金」という組織があり、社員のお給料から天引きで寄付を行い、社会貢献のために、社員が推薦する団体に寄付活動を行っておられるそうです。

このたび、寄付先として、一般財団法人オアシスを推薦していただき、合計20万円もの多額の寄付を頂戴しました。

私たちの活動をこのようなかたちで支援していただき、とても嬉しく力を得ました。一層励んでいきたいと、一同、気持ちを新たにしています。

ファンケルさん、ありがとうございました!


0 件のコメント:

コメントを投稿