2013年12月12日木曜日

12月お茶っこはうすイベント予定

街にたくさんのクリスマスイルミネーションが灯るこの時期
ぜひご参加ください♪

★17日(火) 10:00~ クリスマスリースづくり
アメリカ人のローナ先生とキャサリン先生が、わかりやすく教えてくれます。
リースづくりを楽しみながらクリスマスの準備をしましょう! 材料費1000円

★24日(火) 18:00~ キャロル・ナイト
クリスマスの歌と劇、そしてお話し。みんなで一緒に聖夜を過ごしましょう!
参加費無料

★12/31(火)~1/1(水) お茶っこ年越し
家族のように一緒に新年を迎えましょう。どなたでも、いつでも
お越しください。お待ちしてます!

お申込み・お問い合わせ先:
☎:0225-25-5071  ochakkooasis@gmail.com

2013年11月13日水曜日

11/2(土) 栄区民まつり 石巻焼きそば出店

今年も栄区民まつりが開催され、去年に引き続き、石巻市ブースの石巻焼きそば出店の応援をさせていただきました!

当日、天候は少し崩れ気味でしたが、5万5千人もの人出で、会場の本郷中学校はたくさんの方々でにぎわいました。

石巻やきそばは、おかげさまで、10時のスタートと同時に次々とお客様が並んでくださり、14時近くまで長蛇の列でした。スタッフはフル稼働でしたが、それでも、時折、焼きあがるのにお待たせしてしまうほどでした。

「被災地を応援してるので買うわ」と、ご婦人。
「美味しかったので、2回目買いにきました!」と、若い女性。そして東北出身の方々が懐かしそうに立ち寄って声をかけてくださいました。

今も、被災地を支え励ましたいという皆さんの温かい思いが伝わってきて、感謝でした。

売上の収益は、津波で廃校になった石巻の学校の校歌をCDに収録するプロジェクトと、石巻の復興支援活動に寄付させていただきました。

皆様のご協力に感謝します!

 区民まつり入場門
 会場は早くから人で一杯
 免許皆伝の本場石巻焼きそば!
 石巻の民生委員Aさんが、石巻の様子や商品の説明、呼び込みをしてくださいました
焼きあがるまでしばし時間が。。
 長蛇の列がずっと続きました
 Aさんのお話しは、様々な背景が聞けて、つい足が止まります






 石巻やきそばは、とろとろの半熟玉子に絡めて食べるのが本場流!

 バックヤードもフル稼働
 石巻 牡鹿半島の特産品、鯨の大和煮缶詰と、三陸わかめも販売しました
 同じ石巻のブース内で、石巻のいろいろな名産物を取り扱う「うんめえもん市」も開催

 出店通りは通りづらいほどの人混みが一日続きました

2013年11月12日火曜日

9/15(日) ゴスペルコンサート 2013 石巻お茶っこゴスペルクワイヤー横浜再訪

昨年6月、震災復興支援イベント「第1回栄ゴスペルコンサート with 石巻」(オアシス主催)が横浜 栄公会堂で開催されました。音楽を通して励まし合うこのイベントは大盛況で、会場は被災地を少しでも支えたいという方々で溢れました。「石巻お茶っこゴスペルクワイヤー」も2曲を高らかに歌い上げました。

今年も、9月15日(日)に、「ゴスペルコンサート2013」(オアシス協賛)が横浜 本郷台キリスト教会 ダイヤモンドチャペルで開催され、石巻お茶っこゴスペルクワイヤーの方々9名が、本郷台サウンド・オブ・ジョイ・ゴスペルクワイヤーと共演しました。

当日は台風の接近で朝から大雨でしたが、コンサートの間だけ雨が止み、200人以上がコンサートを聴きに来られました。コンサートでは、横浜の出演者から被災地の皆さんに歌が捧げられ、会場にいた一人ひとりの心にその励ましが染み渡りました。

石巻の皆さんの横浜滞在は2泊3日という短い期間でしたが、石巻のお茶っこはうすで出会った横浜の人々と、食事をしたり、買い物に出かけたり、声を掛け合ったり…石巻と横浜のつながりを喜びあう、心通う時間となりました。


16日(月)の帰着日には、お茶っこはうすの管理者の趙チャプレンや友人たちがお茶っこはうすで一行の到着を待っていました。これからも、横浜と石巻とのあたたかな交流が続いていくように取り組んでいきます。

 石巻お茶っこゴスペルクワイヤーのステージ
本郷台サウンド・オブ・ジョイ・ゴスペルクワイヤーとの共演


横浜の出演者から歌がささげられました

コンサートの後は、リラックスした笑顔が!歌い上げた喜びがあふれます



本郷台サウンド・オブ・ジョイの陽気で素敵な皆さん


石巻に帰る日の朝食は、湘南のおしゃれなお店で






お茶っこはうすでは、皆の帰りを趙チャプレンご夫妻と仲間の皆さんが待っていました!

2013年9月3日火曜日

9/15(日) ゴスペルコンサート2013 開催

昨年の6月、お茶っこはうすのゴスペルチームの皆さんは、横浜での「第1回栄ゴスペルフェスティバルwith石巻」に出演して、各地のゴスペルチームや多くの方々と感動を分かち合いました。

今年もまた、「ゴスペルコンサート 2013」を開催します!お茶っこはうすのゴスペルチームが再び出演して、高らかにパワフルにゴスペルを歌います。ぜひ、ご来場ください!

「GOSPEL CONCERT 2013」
9月15日(日) 開場14:30 開演 15:00
出演:本郷台サウンド・オブ・ジョイ・ゴスペルクワイヤー
    石巻おちゃっこゴスペルクワイヤー
場所:本郷台キリスト教会 ダイヤモンドチャペル
    横浜市栄区飯島町2441-10(駐車場あり)
    14:30にJR根岸線 本郷台駅より送迎バスが出ます
※入場無料

お問い合わせ:電話045-894-3311





  

9月お茶っこはうすイベント予定

猛暑の今夏、涼しい秋風が待たれます。夏の疲れが出ていませんか。

さて、9月は、8日(日)14:00~16:00に、「お茶っこはうす書道教室」を
お茶っこはうすオアシスで開きます。

今年の5月19日と同じく、横浜で書道教室を開いている講師の
先生が指導します。初心者も大歓迎です!

会心の一筆で、11月に横浜で行われる書道展への出品を
目指しませんか。

お申込み・お問い合わせ先:
☎:0225-25-5071  ochakkooasis@gmail.com


書道展:
2013年11月21日(木)~24日(日) 本郷台キリスト教会(横浜市栄区)にて

2013年9月2日月曜日

8/25(日) 一輪車がんばる会

去年の夏に引き続き、鎌倉市の鎌倉関谷一輪車クラブから子ども9人大人5人のボランティアさんが石巻を訪ね、地域の公民館「みなと荘」の駐車場で、一輪車の演技デモンストレーションと一輪車体験教室を開いてくださいました!
 
当日、3人の子どもたちと8人の大人の方が参加してくださいました。
天気も守られ、体験教室では、子どもたち同士、仲良く過ごす時が与えられました。
石巻の方々を一輪車を通して励ましたいという、鎌倉の一輪車クラブの皆さんの温かいお気持ち、しっかりと石巻の皆さんに届いたことと思います。
 
一輪車クラブの方々は今回、女川にも視察に行き、現地の方のお話を聞いたり、民生委員のAさんとも交流する時間がありました。被災地の現状に触れて、鎌倉に帰っていかれました。また、ぜひよろしくお願いします。

 一輪車クラブの子どもたちの素敵な演技




 
 
 フィニッシュ!
 いよいよ体験教室。
小さな手が小さな手を支えます





がんばった3人の子どもたちに大きな拍手!

 子どもたち同士でお話しもしました

8/24(土) ゴスペルレッスン Y.N.さんレポート

朝4時45分に横浜を出発。
今までの石巻行きの中でいちばん良いさわやかなお天気でした。
今日の「お茶っこはうす」は、たくさんのゲストが来て、とても賑やかでした。
私たちの到着後に東松島から韓国の方々5人が来られ、午後2時からのレッスン終了後には明日の「一輪車がんばる会」チームが到着。

ゴスペルレッスンは、石巻のメンバー9名に加え、韓国人のYさん、東京からお手伝いに来ていた趙チャプレンの娘さん、そして、横浜からのメンバーを合わせて15名の参加者で、熱の入った練習の時となりました。

初めは、来月、横浜でちゃんと歌えるのか皆不安そうでしたが、何度も練習しているうちにだんだんと盛り上がってきて、練習場がゴスペルの楽しさで充満していきました。
コンサート前の最後のレッスンにふさわしい時でした。
皆さん、横浜に行くのを楽しみにしてくださって、嬉しいです。全員が横浜に来られますように。。
 
 

2013年8月7日水曜日

7/27(土) バリアフリー映画会

今回のバリアフリー映画会「犬と私の10の約束」には、総勢13人の方が参加してくださいました!
 
犬の生涯を通じた関わりによって飼い主の少女が大人へと成長していく心温まる映画で、皆、口々に「いい映画だった」と言われていました。
 
翌日曜日には、韓国人の婦人の方々が作る美味しい韓国料理を囲んで、皆で良い交わりを持ちました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お茶っこはうす」のオープンから、今週で丸2年。
これからも変わらぬ心を持って、石巻の皆さんに寄り添わせていただきたいと願っています。
 
お茶っこはうすの側面の壁にも、お茶っこはうすの看板がつきました!
 

2013年7月29日月曜日

7/21(日) 特別養護老人ホーム みさやま 見学

ターミナルケア準備会では、現在目標としている高齢者施設の建設のために、有志で外部の各所の施設を見学をしています。
今回は、長野県伊那市にある、特養 みさやまを訪問させていただきました。

みさやまは、 2005年 愛・地球博のチーフプロデューサーを務められた建築家、原田鎮郎氏が設計した建築で、同氏のご紹介で、見学に至りました。

建物のコンセプトは、「光と風が差し込む気持ちの良い建物」です。
周囲の緑と調和しつつ、シンプル且つユニークなデザイン。そして、居心地の良い空間でした。

 
 2012年4月にオープン。入口を外から見たところです。


 入口近くの広いホールでみさやまの説明を受けました。
「笑顔になる・元気になる・幸せになる」を理念として、施設を営まれています。
 模型で建物の説明を受けました。
風と光が通るように、放射状に棟が配置され、それぞれに中庭があります。
中庭では、かき氷を楽しむ等いろいろな企画をして、入居者の方が気分転換できるように工夫されているそうです。
 別の中庭です。
 部屋の入口は、のれんがアクセントになっています。
 ヒバ材とヒノキ材を使用したお風呂。とても良い木の香りがしました。
 居室はシンプルで明るいです。
 入口には、この地の風景を題材にとった素敵なステンドグラスグラスがあります。
↑今回の訪問メンバーです。
 
みさやまさん、ありがとうございました。